打ち放しコンクリートと光触媒塗料に関するブログです | 株式会社ケミカル・テクノロジーは打ち放しコンクリートと光触媒塗料をご提供致します。

株式会社ケミカル・テクノロジー
機能が実感できるフッ素樹脂&光触媒技術
ブログ
2020年07月04日 [光触媒]
当社の立ち上げからの基幹技術として金属銅と光触媒の融合をご紹介してきました。結果として今までにない非常に強力な防カビ&殺菌機能がえられます。今日も「石膏天井材(ジプトーン)に塗装できるでしょうか?」というお問い合わせがありましたので良い機会なので動画も録ってご説明しました。
塗装作業銅粉は必要最小限の大きさと添加量なので肉眼では分かりませんがスマホ顕微鏡ではすぐに確認できます、施工検査にも仕えるので光触媒としては唯一というか画期的ですね。塗装面非塗装面ちなみに、銅微粒子は疎らに散らばっていても発生した薬効成分の銅UイオンCu2+は光触媒層で全体に拡散します。ただ、今年の初めまでその性能の素晴らしさを残念ながらなかなか広めることができませんでした。
そんな中で銅と光触媒の融合の素晴らしさを最近紹介してくれたのは群馬大学の板橋教授です。改めて慧眼に敬意を表します。板橋教授の同繊維+光触媒マスクはNIHのデータも踏まえて「新型コロナ撲滅に効果がある」と懇切にご説明していただいておりますので、もう私なんか何をかいわんやの立場です。群馬大学そしてダメ押しのように7/2付けの化学工業日報でも金属銅コーティングの将来性を1面に掲載していましたので大いに勇気づけられました。
化学工業日報
衛生環境の分野において「銅と光触媒の時代」がやってきたと確信した一日でした。コロナ禍の収束にためにも全力を尽くします。

PageTop