株式会社ケミカル・テクノロジーは打ち放しコンクリートと光触媒塗料をご提供致します。

株式会社ケミカル・テクノロジー
新着情報

2019/03/16

Nafion+光触媒膜の固体電解質としての優秀さとそれをコンクリート構造物のカソード防食に応用するアイデアを広くコンクリート関連業界に紹介すべく日本コンクリート工学会誌に論文を掲載しました。この技術にいち早く注目していただいたケミカル工事社(社名は似ておりますが該社は斯界の最大手で、当社がパクリです)との共同研究ですが岐阜大学の後援もいただいております。土木業界は新技術に保守的だと言われておりますが日本のインフラ老朽化は容赦なく到来しますのでこれを早急に実用化しようと関係者は意気込んでおります。


2019/01/20

「希にみる将来性の高い技術」ということで大阪府商工労働部からご注目いただきまして成長産業振興室が月刊で発行されている「スマートエネルギーパートナーズニュース」の3月号に掲載いただくことになりました。
内容の著作権は当社にございませんので当社紹介の部分だけちらっと公開させていただきます。詳細ご興味のかたは成長産業振興室 産業創造課 新エネルギーグループまでお問い合わせください。
電話06−6210−9484

大阪府庁


2019/01/17

昨年末から親しくお声がけしていただいている日本を磨く会の機関誌「日本を磨き合い通心2月15日号」に1月号に続いて記事を掲載していただくことになりました、記念すべき100号です。誠に光栄ですので今回もとっておきのノウハウを会員様に向けて公開させていただきます。詳細は日本を磨く会までお問い合わせください。他の光触媒メーカーでは決して得られない情報です。

100号


2018/12/15

ハウスクリーニング業界で名を馳せている団体「日本を磨く会」の機関誌「日本を磨き合い通心1月15日号」に記事を掲載させていただくことになりました。
初回ですのでとっておきのノウハウを会員様に開示させていただくことにしました。

記事


2018/11/22

光栄ですが「塗布と塗膜」11月号の記事にして頂きました。これは12/5〜12/7幕張メッセで開催の「高機能塗料展」において塗料報知新聞社ブースで無料配布されます。他では絶対に見ることのできない特異技術をご紹介していますので是非ともご来場下さい!

表紙


  • RSS
  • 全て表示

常に最先端のフッ素施工・光触媒&電気化学技術をご提供します!

常に最先端のフッ素施工・光触媒&電気化学技術をご提供します!

20年以上にわたり光触媒コーティングの先進的な開発に携わってきました
防カビ、漂白、殺菌、塩害防止、防錆、中性化防止等の能動的な機能をコーティング膜に付与することが得意中の得意です。
現在この機能は主に光触媒を用いて出していますが他の化学現象も実用化準備中です。
施工がかんたんで耐久性が良好でしかもそこそこ低廉な価格であることに心がけています。
これらの問題で悩んでおられる日本中の皆さんにぜひ使って頂きたいです。ブルネイ大学

日本ビルヂング

窯業タイルへのフッ素樹脂描画工法を着想し試験施工した初現場でもあります
オフィスビルとしては日本最大の光触媒物件をはじめとして、フッ素樹脂施工&光触媒施工の材料技術と施工技術の開発・改良に20年以上携わり、そのたびに革新技術をご提供してきました。

当社の特徴

FVC

ベンチャーファンドからの投資を受けました
3度にわたる厳格な審査の結果、この度フューチャーベンチャーキャピタル社(JASDAQコード8462)から出資を受けました。上場会社を株主としてお迎えしたからにはIPOに向けて全力を尽くしたいと思います。
Nafion型光触媒コーティング剤の誕生秘話を披露しています。青年時代から信奉するポアンカレの法則にまったく従った発明でした。自分の成功体験を踏まえて、若い技術者、研究者には「できるだけ専門外の人達と交流して情報交換するように」と忠告しています。そういう私も日々実践しています。

きれいJAPAN

きれいJAPAN活動に積極的に貢献します
今年から始動した光触媒工業会のきれいJAPAN活動に当社も懸命に尽くします。セルフクリーニングは先輩会社がすでに関与されていますので
1.完璧な防カビ機能による景観保持
2.比肩なきコンクリートの保護機能による景観保持
3.鉄鋼の効率的防錆による景観保護
を重要ポイントとして活動します。宜しくお願いします。

展示会

建築・建材展へのご来臨ありがとうございました。
東京ビッグサイトで開催された建築・建材展2019に、光触媒工業会専用区画内のミニブースで出展しておりましたが4日間で400名以上のご来臨を賜り本当に感謝感激です。
電車賃すら自前の、本当の手弁当で説明員として精励いただいた住宅美建産業、ミルテック社、日興セラミックス・コンポジット社の方々にも深謝いたします。尚、さらにご興味方々に新製品の光触媒散布液を含めた体感サンプルをご用意しておりますのでご希望をぜひお寄せ下さい!
ブログ
建築建材展2019での講演2 2019/03/10
建築建材展2019での講演2
ホンダフジシマ効果は世紀を跨いだ大発見なのですが、惜しむらくはこの現象の実用的な用途を開拓した技術者、科学者がいませんでした。おこがましい表現で恐縮ですが、私が先鞭を付けさせていただきました。 エネルギーの蓄積ではなく「鉄筋コンクリートの防食&アルカリ再生」の見地から。みなさんカソード側(マイナス極)側の水素発生だけ注目されていましたが、「水素を発生するという状態はその電極金属が腐食しないということと同じ意味」という点に誰も着目しなかったのは不思議な偶然です。鉄筋をカソードにすることにより理論的には永久にその発錆を防ぐことが可能です。また、同時にカソードではOH-つまりアルカリが自動的に発生しますので、中性化の進んだコンクリートを内部からアルカリ回復させることも可能になります。・・・この動画はかつてYouTubeにアップしたのですが消されてしまいました。ともかく(自分で言うのもおこがましいが)画期的な老朽化鉄筋コンクリートの再生技術です。けっこう黒山の聴衆だったのですが風景撮影の依頼を忘れていました・・・これは日本ハウスカラー社古川社長様からご厚意で頂いた貴重な1枚です。
建築建材展2019での講演1 2019/03/08
建築建材展2019での講演1
光触媒工業会ブースでのプレゼンは各社のPRの場とは知らなかったので、ブルネイ大学での講義と同じ内容で行いましたが結果として大成功で、工業会関係者の皆さんからも「光触媒反応の内容がよくわかった」と言われて光栄でした。 しかし、これって大阪大学の桑畑教授から教えて貰った内容をそのままパクっただけなんですが・・・桑先生ごめんなさい。板ではなく粉の酸化チタンのカソード反応が水素ガスの発生ではなく過酸化水素の生成であるのは皆さん意外なご様子でした。つまり光触媒反応で生成する活性酸素は酸素系漂白剤とほぼ同じなので効果効能も酸素系漂白剤と似ている、という事になります。近々動画もアップしますが英語版も作らにゃいかんですねぇ。明日はホンダフジシマ効果を応用した防食システムについて講義させていただきますが、改めて感じたのは反応機構の系統的な説明の大切さですね。
光触媒散布剤を開発しました 2019/03/01
光触媒散布剤を開発しました
お得意先からの「幼稚園のお砂場を消毒できるような光触媒を作ってくれないか」というご要望がきっかけとなり開発してきました。幼児が舐めても完全無害であるのは大前提ですが、殺菌機能が砂に隠れた部分でも相当長く持続しなければなりません。加えて消臭機能にも優れていてしかも従来の光触媒と違って即効性も十分にあります。 光触媒反応で発生する活性酸素を120%有効利用することを原理としていますが詳細のご説明は来週の建築建材展2019でさせていただこうと考えております。コストもけっこう低くできますので、生ごみの処理、嘔吐や排せつの後始末等にご提案できると考えております。粉末状態の光触媒はホンダフジシマ効果で進行する単結晶光触媒とその反応機構がかなり違いますが、その有効活用に一石を投じたものであろうと自負しております。
究極の防カビ機能を付与する試み〜〜白癬菌 2019/02/20
究極の防カビ機能を付与する試み〜〜白癬菌
金属銅・銀粉と光触媒のシナジー効果で強力な殺菌・防カビ機能を得る手法についてはすでに本文中でも解説してきましたが「水虫に効くようなものはできないのか?」というご要望が寄せられてきました。当然ながら研究者魂に火がついて、「短時間の光照射後でも一定の期間、強力な殺菌機能が維持されうる」新製品の開発に邁進してきましてこの度ついに完成しました。 1時間の自然太陽光照射後に暗室で24時間以上の白癬菌死滅機能が確認できました。日本食品分析センターに依頼した試験結果です。こんなにきれいに殺菌機能を発揮できる光触媒は現在これしかありません。内装建築建材以外にたとえば靴や靴下に応用が可能だと考えられます。この関連の応用に関する窓口は下記の会社が総代理店として応用製品開発のご相談に乗らせて頂きます。株式会社ユニゾン100-0011東京都千代田区内幸町1−2−1日土地内幸町ビル9F電話03-3500-5050 FAX03−3581−2760「混ぜ物なしの光触媒だけでこんな機能は出せないのか」という問い合わせも頂戴しますが、厚み1ミクロンあるかないかの薄膜中での光触媒反応にそこまでの性能を求めるのは酷で、他の方法を用いる必要がありますが・・・それは建築建材展の光触媒セミナーで出席頂いた方だけにご説明します。
耐候性30年以上は可能か!? 2019/01/30
耐候性30年以上は可能か!?
「光触媒の耐候性は何年くらいあるの!?」とよく聞かれますが膜厚1ミクロン前後の薄膜はその下地の影響を強く受けますので即答しにくいのが本音です。塗装で30年の耐候性を保証できる仕様と材料の開発を某得意先から委託されましたが、現状のどんな促進耐候性試験でも確実にそんな長期の予見するのは不可能で、より精度の高い方法を駆使しなければなりません。ちょっと種明かししますと「すでに30年以上ノーメンテで経過している物件の材料と仕様の記録を紐解いて、それとの比較試験をする」のが正攻法なのですが、そんなデータを蓄積している律儀な塗料メーカーは殆どないでしょうね。 たとえば、この写真のビルは竣工から34年が経過していますがもちろんノーメンテで今でも立派に機能しています。塗料設計を新入社員だった私が担当したので組成や原料まで正確に覚えていたのは幸いでした。懐かしくもあり・・・これに採用された仕様と材料に促進試験の経過が勝ることで自信をもって「30年保証できる」といえるでしょう。一般に30年保証といっても壁面、防水膜、金属部分では要求される性能が違ってきますのでこれにも注意が必要です。金属部分はとくに錆の発生を防がねばならず、材料とともに膜厚確保も重要な因子ですね。そうそう、促進試験では判別しにくい点にも要注意です。一例を上げればHALS(ヒンダードアミン系光安定化剤)です。有機物化合物でまた融点がありますので長期間の屋外曝露では揮発して塗膜からなくなってしまう可能性があります。これを金科玉条のようにガーンと配合して耐候性をアップさせたつもりでも現実にはそう向上しないことが危惧されます。この現象は短時間の促進耐候性では判りませんし、ご注意ください。
全て表示

PageTop