株式会社ケミカル・テクノロジーは打ち放しコンクリートと光触媒塗料をご提供致します。

株式会社ケミカル・テクノロジー
新着情報

2018/12/15

ハウスクリーニング業界で名を馳せている団体「日本を磨く会」の機関誌「日本を磨き合い通心1月15日号」に記事を掲載させていただくことになりました。
初回ですのでとっておきのノウハウを会員様に開示させていただくことにしました。

記事


2018/11/22

光栄ですが「塗布と塗膜」11月号の記事にして頂きました。これは12/5〜12/7幕張メッセで開催の「高機能塗料展」において塗料報知新聞社ブースで無料配布されます。他では絶対に見ることのできない特異技術をご紹介していますので是非ともご来場下さい!

表紙


2018/09/24

コンクリートを剥き出しのままにする地味な仕上げは侘び寂びを好む日本人だけの趣向だと思っていましたが最近ASEANにブームが訪れているようです。施工時の仕上げの秀麗さを確保することももちろん大切ですが、熱帯雨林地域での長期保存のノウハウをどんどん提供するのが先輩たる日本人の務めであると気を引き締めております。

タイ1


2018/08/30

新機能を満載した製品を次々に出すので塗料報知新聞社に注目されて、定期的にペーパーとWeb両方で記事にしていただいています。
カーテン、カーペットや繊維系カバーにスプレー塗布して半永久的な消臭、殺菌&防カビ機能をつけることができる現製品を、更に80℃以上に加熱することで耐洗濯性が付与できるようになりました。アイロンや洗濯乾燥機で加熱処理するだけで大丈夫です!日常品への光触媒普及の切り札にしたいですね。

塗料報知20180820


2018/08/11

当社の創業当時からの技術提携先である福岡のミルテックジャパン社が昨日のTBS全国放送「爆報!ザ・フライデー」でカビ除去技術の高さで大々的に報道されました!当社との共同研究の成果として銀銅粉だけでなくニッケルを組み合わせて完全暗室でもカビをほぼ生育不能にする技術を開発しておりましたが、そのお披露目の絶好の機会になりました。小橋社長さんの淡々とした勇姿に目頭を熱くした夜でした。皆さんのご厚意と小橋社長のご努力に心から感謝いたします。

爆報フライデー


  • RSS
  • 全て表示

常に最先端のフッ素施工・光触媒&電気化学技術をご提供します!

常に最先端のフッ素施工・光触媒&電気化学技術をご提供します!

20年以上にわたり光触媒コーティングの先進的な開発に携わってきました
防カビ、漂白、殺菌、塩害防止、防錆、中性化防止等の能動的な機能をコーティング膜に付与することが得意中の得意です。
現在この機能は主に光触媒を用いて出していますが他の化学現象も実用化準備中です。
施工がかんたんで耐久性が良好でしかもそこそこ低廉な価格であることに心がけています。
これらの問題で悩んでおられる日本中の皆さんにぜひ使って頂きたいです。ブルネイ大学

日本ビルヂング

窯業タイルへのフッ素樹脂描画工法を着想し試験施工した初現場でもあります
オフィスビルとしては日本最大の光触媒物件をはじめとして、フッ素樹脂施工&光触媒施工の材料技術と施工技術の開発・改良に20年以上携わり、そのたびに革新技術をご提供してきました。

当社の特徴

FVC

ベンチャーファンドからの投資を受けました
3度にわたる厳格な審査の結果、この度フューチャーベンチャーキャピタル社(JASDAQコード8462)から出資を受けました。上場会社を株主としてお迎えしたからにはIPOに向けて全力を尽くしたいと思います。
Nafion型光触媒コーティング剤の誕生秘話を披露しています。青年時代から信奉するポアンカレの法則にまったく従った発明でした。自分の成功体験を踏まえて、若い技術者、研究者には「できるだけ専門外の人達と交流して情報交換するように」と忠告しています。そういう私も日々実践しています。

きれいJAPAN

きれいJAPAN活動に積極的に貢献します
今年から始動した光触媒工業会のきれいJAPAN活動に当社も懸命に尽くします。セルフクリーニングは先輩会社がすでに関与されていますので
1.完璧な防カビ機能による景観保持
2.比肩なきコンクリートの保護機能による景観保持
3.鉄鋼の効率的防錆による景観保護
を重要ポイントとして活動します。宜しくお願いします。

建築建材展

建築・建材展2019
東京ビッグサイトで開催される建築・建材展2019に、光触媒工業会専用区画内のミニブースで出展することになりました。
これまでの光触媒コーティング剤の常識を打ち破るユニークな新製品群を揃えるつもりですのでご期待下さい!招待券をご希望の方はご希望をメールフォームでお寄せ下さい。
ブログ
多機能(カラー)クリヤーの開発 2019/01/14
多機能(カラー)クリヤーの開発
光触媒コーティング剤は1ミクロン前後の薄膜ですのでそれに「90%以上のUVカット機能」だの「防水機能」だの厚膜でやっと可能になる機能を求められても別のクレーム発生源を作ったりして無理がありますので、そんな場合のために下塗りとして組み合わせるクリヤーを色々開発しています。 古巣の縁ではありませんが樹脂原料はDICに頼ることが多いですね。今般は該社のアクリルシリコン系樹脂「セラネート」です。正直アクリルシリコンといっても市販品にはシリコーンはほとんど入っていないので、精密な分析でもアクリルなのかアクリルシリコンなのか判然としないものが多いのですが、これはシリコーンが30%も入っている優れものです。耐候性が一般的なフッ素樹脂を凌駕するのも頼もしいですが、より注目は「あらゆる素材への接着性が抜群にいい」ということです。エポキシプライマー並みの接着性がありますので着色エナメルとしてよりクリヤーとして使う方が面白い展開ができます。付言しますとエポキシ樹脂はUV光に脆弱ですからクリヤーにはなりません。さしあたり老朽化した石材やアルミサッシ類を新築時のように若返られるための保護(カラー)クリヤーとして会員様にご紹介するつもりです。もちろん、これだけで仕上げにもなりますが光触媒を塗布してもらえないと当社の商売にならなかったりして・・・
高性能断熱塗料を開発しました 2018/12/30
高性能断熱塗料を開発しました
赤外線を反射するだけの「遮熱塗料」と違い、「断熱塗料」は熱伝導を抑えなければならないのでちょっと高度です、まだまだ混同しているヒト多いのですが。原理としては周知のごとく「できるだけ空気をたくさん塗膜に取り込むか」に依っています、空気の熱伝導率が一番低いですからね。 面白いのは空気<プラスチック<水<セラミック<金属の順に熱伝導率が大きくなっています。誰ですか「セラミックは熱を伝えにくい」なんてデマを信じているのは??この事実を踏まえてかつて「最も効率的な断熱塗料を作ってやる!」と意気込んで樹脂と中空プラスチックを合体させた断熱塗料を作りましたが大失敗でした。「ものすごく燃えるので危ない」のですね。今般はそれに懲りて別の特殊骨材を採用しています。とはいえ多孔質セラミックをこの目的で単純に樹脂に混ぜると吸湿性が出てしまうので水を吸って熱伝導率が上がってしまします。水の熱伝導率はけっこう高いですからね、この現象を抑止するためには塗膜をあくまで高い撥水状態に保たねばなりません。この断熱塗料の用途に「降雪屋根への施工」がありますのでとくにこの性能は重要です。また、当然ながら数mmの厚膜を形成させることも断熱効果を得るためには重要ですね。ということで多少我田引水表現で僭越ですが、高い断熱機能を降雨、降雪時も維持できる断熱塗料が完成しました。尚、これは東京新建装様からの委託研究ですので弊社の製品ではありません。ご興味のかたや購入希望のかたは該社までご連絡下さい。蛇足ですが表面を含めて高い撥水性なので吸湿の恐れはありませんが仕上げに光触媒をお勧めします。
海辺のコンクリート保護についての考察 2018/12/05
海辺のコンクリート保護についての考察
今、海辺に建築中の打ち放しコンクリート物件施工のお手伝いをしています。なんともリゾートっぽい雰囲気に化粧打ち放しコンクリートの斬新なデザインがマッチしていますが、これは鉄筋コンクリートの維持管理の観点からは実は究極のミスマッチ! 吸湿性の高い剥きだしのコンクリートには海水(海塩粒子)がどんどん吸い込まれて凄いスピードで塩害が広がります。防止するためには打設後すぐに200μm以上の分厚い防水膜で覆う必要がありますがそれでは化粧打ち放しコンクリ-トのデザイン性が台無しになりますからパターニングの指導もさせていただきました。施工前後の画像をどうぞ・・・蛇足ですがパターン剤はフッ素光触媒系で、これで最終仕上げになる最新型を採用しました。熱帯の過酷な環境で頑張ってくれると確信しています。余談ながら鉄筋コンクリートは塩害を生じた後の対策がたいへんです。「電解脱塩」と一口に言いますがたとえば100mAもの電流を1日中通電し続けても除去できる塩分は塩化ナトリウム換算で6gしかありません。塩害を起こした後の鉄筋コンクリートはだから現実的な対策としては「塩化物イオンのある環境でも錆びないよう電位調整する」か「鉄筋が錆びる毎にその箇所をモグラたたき的に補修する」しかないのですね。最初の防水処置が肝心です。前者の工法で光触媒が応用できますが詳しくは後ほど・・・
とっても施工しやすいガラス用光触媒 2018/11/18
とっても施工しやすいガラス用光触媒
ガラス用光触媒を施工する上でのもっともウザい作業は「研磨」であることを先般ご説明しました。ガラスは一見親水性ですがそれは製造直後のことであり、親水性の原因であるシラノール基Si-OHは再縮合でみるみる減少しますので実はそんなに親水性が高くはありません。光触媒コーティング液を弾くことなく均一に塗布させるためと、塗布後に光触媒層を十分にガラスに接着させるためにSi-OHを再度増やさねばなりませんが、その最もオーソドックスな方法として研磨剤を含んだポリッシャーで物理研磨があります。薄く削られたガラスの表面はSi-OHで一杯になります。 ただ、これはとても骨の折れる非能率的な作業で施工費用も驚くほど高くなります。ガラスへの光触媒施工のコストの8割はこれが占めるのではないでしょうか。先般ご説明の「化学研磨」は研磨剤で削るのではなく薬品で表面を薄く溶解させることを原理にしているので「塗って、しばらく置いて水で流す」だけで終わってしまいます。化学研磨を用いるとガラスへの光触媒施工が呆気ないくらいかんたんにできます。ガラスと鏡の右半分にこの方法で光触媒を塗布したサンプルに散水しているところの画像を下に示します。曇りや水滴を効果的に防いでいることがわかります!このサンプルはたくさんご用意していますのでご希望の折にはご連絡下さい。ガラスへの光触媒施工が従来の1/3以下のコストで可能です。
焼付け光触媒パネルの初現場が竣工間近 2018/10/30
焼付け光触媒パネルの初現場が竣工間近
焼付け光触媒パネルは技術的にハードルが高く撤退するメーカーが相次いでいましたが敢えて自信を持って火中の栗を拾いました。 1.養生フィルムやハンドリングに耐える高い耐摩耗性が必要2.チョーキング等不具合を生じない優れた耐久・耐候性が必要3.かんたんな焼付け工程で安定した品質の確保が必要もちろんコストも含めてハードルはいくつかありましたが、一応すべてクリヤーして実物件に初めて採用されました。巣鴨信用金庫戸田支店です。現在新築移転準備中で11月26日リニューアルオープンです、感無量で待ち遠しいです。シートに隠れてまだ見えませんが高さ6mもある焼付けフッ素樹脂パネルの製造にはそもそも熟練の製造技術・施設が必要で、とくにこの度は均一な光触媒被膜をさらに形成させるために焼付けメーカーの株式会社ダイワ様にはご貢献をいただきました、特許性ノウハウですのでここで詳述できないのがもどかしいですが。尚、チョーキング耐性も含めた耐候性は赤道直下のブルネイで水平曝露試験を続行中で過酷な環境でもビクともしていません。適用可能な焼付け塗料はルミフロン型フッ素、フッ化ビニリデンから粉体ポリエステルまで多岐にわたり、付与できる機能も「セルフクリーニング」「防カビ」「殺菌」「空気浄化」「防塵」等々カスタムメイドもしますので新しいお題もお待ちしています。ところで別の焼き付けパネルメーカー様からもうれしいご評価のメールを頂戴しました。「かんたん施工で耐久性が高く効果も抜群な焼き付け光触媒コーティング」としてさらにPRしてゆくつもりです。
全て表示

PageTop