打ち放しコンクリートと光触媒塗料に関するブログです | 株式会社ケミカル・テクノロジーは打ち放しコンクリートと光触媒塗料をご提供致します。

株式会社ケミカル・テクノロジー
機能が実感できるフッ素樹脂&光触媒技術
ブログ
2017年10月29日 [光触媒]

アセト&ホルムアルデヒドの除去

中国からのお客様をお迎えしてアルデヒド除去のご説明講演を行いました。日本では内装のメラミン系建材が禁止されつつありますので問題は少ないのですがまだまだ彼の国では深刻な社会問題だそうです。アルデヒド講演
何度も繰り返してきましたが、光触媒反応は電気化学反応なので、絶対に「電解液」つまり一般的には「水分」が必要です。光の強さばかりを強調しても水分の重要さを軽視しては効果は半減以下になりますが、私のこのご説明に大いに納得して頂けました。
アルデヒド分解
塗って終わりの一般的な塗料と異なり光触媒は塗ってからの反応を重視する製品ですので、このように塗料そのものだけではなく効果を発揮するための環境整備のアドバイスも絶対に必要です。これからの日本の産業にマッチするテーマではないでしょうか・・・
「具体的にはどうするの!??」をご興味の折にはお問い合わせください、この中国からのお客様にはご伝授しましたのでもう彼の国では実施されているか・・・・
ちなみにアルデヒドには「アセトアルデヒド」と「ホルムアルデヒド」が大雑把に分けると身近にありますが、前者はたばこの臭気で有名ながら、そんなに深刻な影響はありません。専ら後者の除去性能を課題にしなければなりません・・・・っが、ホルムアルデヒドの濃度は計測誤差が大きくて正確にはできません。だから代替特性として一般的にはアセトアルデヒドの分解性能を表記している場合が多いです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop