打ち放しコンクリートと光触媒塗料に関するブログです | 株式会社ケミカル・テクノロジーは打ち放しコンクリートと光触媒塗料をご提供致します。

株式会社ケミカル・テクノロジー
機能が実感できるフッ素樹脂&光触媒技術
ブログ
2018年10月30日 [光触媒]

焼付け光触媒パネルの初現場が竣工間近

焼付け光触媒パネルは技術的にハードルが高く撤退するメーカーが相次いでいましたが敢えて自信を持って渦中の栗を拾いました。
1.養生フィルムやハンドリングに耐える高い耐摩耗性が必要
2.チョーキング等不具合を生じない優れた耐久・耐候性が必要
3.かんたんな焼付け工程で安定した品質の確保が必要
もちろんコストも含めてハードルはいくつかありましたが、一応すべてクリヤーして実物件に初めて採用されました。巣鴨信用金庫戸田支店です。現在新築移転準備中で11月26日リニューアルオープンです、感無量で待ち遠しいです。
巣鴨信金シートに隠れてまだ見えませんが高さ6mもある焼付けフッ素樹脂パネルの製造にはそもそも熟練の製造技術・施設が必要で、とくにこの度は均一な光触媒被膜をさらに形成させるために焼付けメーカーの株式会社ダイワ様にはご貢献をいただきました、特許性ノウハウですのでここで詳述できないのがもどかしいですが。
尚、チョーキング耐性も含めた耐候性は赤道直下のブルネイで水平曝露試験を続行中で過酷な環境でもビクともしていません。
焼付け曝露
適用可能な焼付け塗料はルミフロン型フッ素、フッ化ビニリデンから粉体ポリエステルまで多岐にわたり、付与できる機能も「セルフクリーニング」「防カビ」「殺菌」「空気浄化」「防塵」等々カスタムメイドもしますので新しいお題もお待ちしています。
ところで別の焼き付けパネルメーカー様からもうれしいご評価のメールを頂戴しました。
加美塗装
「かんたん施工で耐久性が高く効果も抜群な焼き付け光触媒コーティング」としてさらにPRしてゆくつもりです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop