打ち放しコンクリートと光触媒塗料に関するブログです | 株式会社ケミカル・テクノロジーは打ち放しコンクリートと光触媒塗料をご提供致します。

株式会社ケミカル・テクノロジー
機能が実感できるフッ素樹脂&光触媒技術
ブログ
2018年12月05日 [光触媒]

海辺のコンクリート保護についての考察

今、海辺に建築中の打ち放しコンクリート物件施工のお手伝いをしています。なんともリゾートっぽい雰囲気に化粧打ち放しコンクリートの斬新なデザインがマッチしていますが、これは鉄筋コンクリートの維持管理の観点からは実は究極のミスマッチ!
タイ前景
吸湿性の高い剥きだしのコンクリートには海水(海塩粒子)がどんどん吸い込まれて凄いスピードで塩害が広がります。防止するためには打設後すぐに200μm以上の分厚い防水膜で覆う必要がありますがそれでは化粧打ち放しコンクリ-トのデザイン性が台無しになりますからパターニングの指導もさせていただきました。施工前後の画像をどうぞ・・・タイ施工前タイ施工後蛇足ですがパターン剤はフッ素光触媒系で、これで最終仕上げになる最新型を採用しました。熱帯の過酷な環境で頑張ってくれると確信しています。
余談ながら鉄筋コンクリートは塩害を生じた後の対策がたいへんです。「電解脱塩」と一口に言いますがたとえば100mAもの電流を1日中通電し続けても除去できる塩分は塩化ナトリウム換算で6gしかありません。塩害を起こした後の鉄筋コンクリートはだから現実的な対策としては「塩化物イオンのある環境でも錆びないよう電位調整する」か「鉄筋が錆びる毎にその箇所をモグラたたき的に補修する」しかないのですね。最初の防水処置が肝心です。前者の工法で光触媒が応用できますが詳しくは後ほど・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop