打ち放しコンクリートと光触媒塗料に関するブログです | 株式会社ケミカル・テクノロジーは打ち放しコンクリートと光触媒塗料をご提供致します。

株式会社ケミカル・テクノロジー
機能が実感できるフッ素樹脂&光触媒技術
ブログ
2021年04月09日 [光触媒]
ウィルスは生物ではないので「生命力」という表現は本当は妥当ではありません。換言すれば「感染力が維持される期間」とも申せましょうか・・・
そもそも2mの距離を取るだけで感染力が低下するとされていますから症状は重いものの感染力はそれほどではないのではないかという説は随分前から語られてきました。感染イメージ外国の論文を見てみてもそのような論調が多いですね、この例ではたとえば銅板上で新型コロナウィルスは4時間しか生きてないが従来型コロナウィルスは8時間生きているなどと説明されています。論文表面比較表ただ、残念ながらたとえば、新型コロナとインフルエンザ、ノロウィルスの間で同一条件で感染力の維持時間の差がどのくらいあるのか、という根本的な実験をしている企業や研究機関もまったく見られなかったことですね。
北海道の熱心な代理店のSTH社が今般その一見酔狂ですが興味深い実験にチャレンジしていただいたので同社の許可を得て公開させていただきます。同社の光触媒「クリーンエスト NFE2」をまったく同一条件で塗布したサンプル片で比較実験したものです。尚これはNFE2を同社仕様にカスタムメイドしたものですが成分構成と機能の理論はNFE2と同じです。感染力比較
新型コロナの生命力はインフルエンザやノロウィルスに比べてかなり弱いことが判明しました。 そもそもこのメジャーな3ウィルス間での比較試験を行った論文や報告書を私は他では見たことがありません。学究的にも貴重なデータだと思われます。
インフルエンザやノロウィルスを不活性化できるほどの殺菌力、抗ウィルス力を有する液剤であれば新型コロナウィルスには十分に有効であるという明白な証拠になると結論付けられるのではないでしょうか。

2021年03月01日 [光触媒]
光触媒の活性酸素発生能力や殺菌能力は眼に見えないので怪しげな超能力を謳う製品が跋扈して、光触媒の悪評判に繋がっているのは嘆かわしい現状ですので、「かんたんに判別できる試験方法」をいくつか提案してきました。身の回りで入手できる材料で試験できることが必要条件ですね。
厳密にいうとカビと菌は違うものですがカビを「眼に見える菌」と見立ててその繁茂の差で判別する方法をまず考えました。
4週間後
これは試験開始から4週間後の状態です。すべて高い殺菌性能を自慢している光触媒液剤を染み込ませてありますがけっこう差がついていますね。
これは食パンに光触媒(でなくてもいいのですが)を染みこませて乾燥、日光浴させた後に密閉容器に入れて水を加えて保管しておくだけのかんたんな試験です。光触媒浸し強制乾燥
日光浴のあるなしで差がないようなら光触媒の殺菌性ではなく殺菌剤が添加されている可能性があります。また、トーストできるほど加熱して乾燥させると有機系防かび剤なら揮発してなくなりますのでカビは生えやすくなります。これ以外にも乾燥後数回水を取り替えて試すと水溶性の防カビ・殺菌剤が添加されているかどうかの目安になります。大切なことは「かびの種」を入れておくことですね。紅麹を買ってもいいのですが適当なカビの種がなければ部屋の埃をティッシュで拭き取っただけでも十分にこの用途に使えます。
菌集め注水
最後に水をたっぷり加えて蓋をしてカビが生えるまで熟成させます。夏場で3〜4日、冬場でも3週間程度で明確な差が得られます。本当に殺菌性能があるかどうかの明確な証拠になりますのでお試し下さい。
光触媒の活性酸素発生能力は「メチレンブルー分解活性」という指標がJISにも定められていますが、本式の試験はシロウトには無理ですので便法を考案しています。MBメチレンブルーは市販の金魚の白点病治療薬としてペットショップやホームセンターで売られていますがそれを利用しました。紙片の都合で詳細は別ページで解説します。メチレンブルー試験方法これも特別な装置不要でくっきりと光触媒活性が判ります。拙い経験ですが市販光触媒液剤はほとんど全滅状態でした。
玉石混淆の光触媒からホンモノを選択する便利な方法としてご活用いただくために秘蔵ノウハウを公開させていただきました。

2021年02月13日 [光触媒]
2月11日の建国記念日に大阪大学工学部化学系棟講義室のウィルス感染予防目的で当社光触媒を施工しました。20日の入試会場になる部屋なので責任は重いです。
試験会場受験生に安心して試験を受けていただけるようにと考えていたのですが、それ以前に今週は修士論文の発表会がある由なので貢献できるタイミングとしては最善でした。講義室2
コロナ禍で怪しげな詐欺っぽい光触媒が跋扈する中で、当社の光触媒は「耐摩耗性がある」と「しかもそれがスマホ装着ルーペでいつでも確認できる」という安心感でご採用になりました。ハンドルスマホ
新型コロナだけでなくインフルエンザほかの感染予防に長きにわたって貢献できれば本望です。国立大学は情実や縁故での採用は絶対になく、客観的なデータのみの評価となりますので当社光触媒の性能の高評価の結果と大変光栄で感激しております。結果として旧帝大に採用された初めての光触媒となりました。感染予防+消臭に永続的な効果を発揮してくれることを祈りつつ施工させて頂きました。

2021年01月05日 [光触媒]
大阪教育大学からのご要望で柏原キャンパス内の学生寮に光触媒塗工を行いました。大教大同大のホームページでも取り上げられました。
ご採用の注目点は「耐摩耗性が非常に高いグレードを揃えている」と「塗膜の存在をルーペで確認できる」という点で、当社コーティング液にしかない特長です。コロナ禍が深刻化する昨今にあっても安全・安心な学生生活を過ごしていただければ本望です。接触感染の予防が主な目的なので不特定多数の学生さん達が頻繁に触れる箇所を、とくに入念に施工しなければなりません。手すり、ドアの握り玉、窓のクレセント、照明やエレベータのスイッチボタン等は厚塗りにするために刷毛塗装で行いました。塗装風景1塗装風景2
手前味噌ながらほぼ完ぺきな接触感染予防対策ができたと自負しております。膜の有効寿命はふつうは数年ありますが、加えて残存する金属銅粉で確認できますのでお施主様の自主検査もいつでも可能です。
検査1検査2銅の粒が判りますね!ときどき「こんなに疎らな銅粉の分布でいいのか!?」というお問い合わせを頂戴しますが、銅粉は銅イオンCu++の供給源として働いておりその全面への分布は光触媒&Nafionが担っております。機会をみて詳述するつもりですが、とりあえずは大教大の学生さん達の感染予防に大きく寄与できる機会を頂戴したことに深く感謝いたします。

2020年11月19日 [光触媒]
本日も北海道は266名の新規感染者が出て依然深刻な状況ですが、この状況を解決すべく奮闘しているSTH社から最近の物件画像が送られてきましたのでご紹介します。・・・ススキノの飲食店では以前から鋭意施工されてきて証明書も発行されてきました。お客様に安心感を持っていただく一助になると思います。証明書
今般は留萌市役所で大々的に採用されました。北海道の公共建造物へ光触媒採用第1号ではないでしょうか。留萌市役所1留萌市役所2
また、タクシー車内へも積極的に採用されつつあります、この画像の千歳交通タクシー車には120台あまり施工されました。タクシー感染防止に大活躍してくれることを祈っています。
一般に「新型コロナに効く!」などと標榜すると詐欺師の片棒を担いでいるような怪しげな印象がありますが、STH社は最近、公的医療機関「奈良県立医科大学」からの確固たるエビデンスを取得したので安心して採用いただけます、市販光触媒コーティング剤としては史上初です。また、当社の光触媒は金属銅がスマホ顕微鏡で確認できるので膜の存在がいつでも確認できる唯一の光触媒であることは縷々ご説明してきましたが、そもそも光触媒としての性能があるのか怪しげな液剤も最近は多いため、かんたんに検証できるキットも考案しています。MB試験メチレンブルーの溶液を脱色させる実験ですが光触媒工業会の規格をちょっと変えて一般の方にもできるようアレンジしました。残念ながら市販のいわゆる「殺菌・抗ウィルス光触媒液剤」の9割以上には光触媒活性すらありませんでした。詳細なご説明は後日させていただきます。

2020年10月18日 [光触媒]
室内照明でよく反応させるためには可視光光触媒という特別のグレードを使う必要がありますが、これは現在世界で(つまり日本で)3社しか工業生産していません。我々コーティングメーカーはその3社の光触媒粉末のうちのどれかを採用してコーティング剤に加工することになります。
貯蔵安定性を確認するために粉末の1%水分散液を調製して観察しています。光触媒液わずか1%の濃度でもすごく濁っていますが、光触媒はもともと顔料でもありますのでこの程度の着色は仕方のないことで、逆に言えばこのくらい着色するほどの濃さでなければ実際に効くほどの機能はないということになります。濁っているということは「反応のための光を吸っている」ということと同じですから。
ところで左側がちょっと黄色いですね、これが重要です。可視光光触媒はUVだけでなく可視光も吸収することが特長なので本来、真っ白ではなく何らかの色がつくはずなのです。白は色ではなく「可視光の全反射が白く見える」だけですので。スペクトル可視光光触媒は380nmの近紫外域から450nmの青色の光を吸収します。わかりやすくハンター図を示してみましょう。ハンター色差つまり、青の補色は黄色ですので、青い光を吸収するとその光触媒は黄色く見えるということになります。ちょっと黄味がかっているのは目に見える可視光をよく吸って反応している証なのですね。白い光触媒は目に見える可視光をほとんど吸収していない効率の悪さの結果ともいえます。
室内でよく反応する光触媒の、外観による判別としては、従って
黄色く見える>白く見える>>>>>透明度が高い
の順になります。透明度の高い液剤には光触媒はほとんど含まれませんので、評価の対象外といったところでしょうか・・・・
もちろんこれは光触媒だけの話ですので他の成分による着色はまた別の話になります。

2020年09月21日 [光触媒]
仲里ペイント様主催の光触媒説明会はお蔭様でコロナ禍のなかでも大盛況でした、心より御礼申し上げます。ホテルの宴会場で講演させていただくのは久しぶりでしたので緊張しましたが・・・仲里ペイント
2時間も時間を頂戴したのでネタが切れて話が退屈になるのを避けるためちょっと脱線してフッ素樹脂塗料のお話もさせていただきました。まぁ、こっちがもともとの本業なんですが!
現場で塗装できるフッ素樹脂塗料とそのフッ素樹脂の登場はもう40年近く前になります。ルミフロン(AGC社製)ですね。画期的な大発明で海外では同等品はいまだに出てきていません。国内ではダイキンがフッ素化学本家の意地を出してゼッフルという似た性質の樹脂を出しています。前者がほぼすべての塗料会社に採用されていますが、後者は日本ペイントが採用していてこの分野では日本だけが戦国時代の真っ最中です。常乾フッ素
「3フッ化」と「4フッ化」の戦いとされているもののもともとのテフロン(F含有量76%)に比べるとちょっと見劣りがしますが、それでも紫外線に対する耐性は十分にあります。図から見るともっとフッ素の量が多そうな感じですがルミフロンの化学名は「3フッ化塩化エチレンシクロヘキシルビニルエーテルコポリマー」という舌を噛みそうな長い名前で、要するに右隣の共重合させている一般ポリマーのほうがデカいのですね。でも紫外線に対する十分な耐性はもっていますし、それはカタログやHPにも謳われています。ルミフロンこの表現は半ば正しく、半ば訂正が必要です。つまり顔料で着色された塗膜の劣化はクリヤーと根本的に異なり「紫外線直接ではなく、それが起こす光触媒反応による」という現象に言及されていないことです。
塗料技術者としての30代では私は「いかに顔料の光触媒反応を抑えるか」の研究ばかりしてきましたので、今のテーマと逆さまで運命の皮肉を感じます。
現場施工用フッ素樹脂は画期的な大発明ですが、その耐候性を20年以上にするためには顔料の濃度を20%以下に抑えなければならないという裏話もして喜んでいただきました。誠に感謝です。

2020年08月12日 [光触媒]
「床面に塗布できる世界初の光触媒」と永らくPRしてきましたが、コンクリート建材メーカーの株式会社コモチ様によりこの技術が製品化されました、光触媒床ブロックです。8/24からカインズホームで発売される予定です。
新製品1新製品2新製品3新製品4

金属銅と光触媒のコラボですから、もう頻繁に報道されているように新型コロナを含む多種の感染症対策になることがおおいに期待されていますし、「強烈な殺菌効果」の当社独自のエビデンスもご用意しております。
もちろん光触媒本来のセルフクリーニング、防カビ、帯電防止、空気浄化etcの機能もバッチリ備えていることは言うまでもありません。尚、優れた耐候性も赤道直下のブルネイ大学理学部屋上曝露試験場で2年以上継続して実証しています。
曝露サンプル
「外から帰ってきたときの靴の感染症対策」はいままで何もありませんでしたがこれが切り札の製品になってくれることを期待しています。お問い合わせやご購入希望は株式会社コモチまでお寄せ下さい。尚、YouTube動画でもご説明しております。

2020年07月04日 [光触媒]
当社の立ち上げからの基幹技術として金属銅と光触媒の融合をご紹介してきました。結果として今までにない非常に強力な防カビ&殺菌機能がえられます。今日も「石膏天井材(ジプトーン)に塗装できるでしょうか?」というお問い合わせがありましたので良い機会なので動画も録ってご説明しました。
塗装作業銅粉は必要最小限の大きさと添加量なので肉眼では分かりませんがスマホ顕微鏡ではすぐに確認できます、施工検査にも仕えるので光触媒としては唯一というか画期的ですね。塗装面非塗装面ちなみに、銅微粒子は疎らに散らばっていても発生した薬効成分の銅UイオンCu2+は光触媒層で全体に拡散します。ただ、今年の初めまでその性能の素晴らしさを残念ながらなかなか広めることができませんでした。
そんな中で銅と光触媒の融合の素晴らしさを最近紹介してくれたのは群馬大学の板橋教授です。改めて慧眼に敬意を表します。板橋教授の同繊維+光触媒マスクはNIHのデータも踏まえて「新型コロナ撲滅に効果がある」と懇切にご説明していただいておりますので、もう私なんか何をかいわんやの立場です。群馬大学そしてダメ押しのように7/2付けの化学工業日報でも金属銅コーティングの将来性を1面に掲載していましたので大いに勇気づけられました。
化学工業日報
衛生環境の分野において「銅と光触媒の時代」がやってきたと確信した一日でした。コロナ禍の収束にためにも全力を尽くします。

2020年06月13日 [光触媒]
当社が開発に技術協力させていただいているBAEK社の室内用光触媒コーティング剤「インラッシュコートN」の公的機関からの抗ウィルス試験速報値が送られてきました。インフルエンザ&ノロウィルスともに3時間以内に完全に除去されるという素晴らしい結果です。完成度の高い説明動画も次々とアップされていますのでYouTubeで「インラッシュコート」で検索ください。
速報値※ネコカリシウィルスはノロウィルスの代替特性ウィルスとして認識されています。
ここで特筆すべきは非エンベロープ型でインフルエンザやコロナウィルスよりも格段に不活性化が難しいとされているノロウィルスも呆気なく不活性化されている点です。ノロ
光触媒コーティング剤としての、これ以上のエビデンスを出せる同等品はちょっとないのでは??
自らのノロ罹患体験では、助手席に乗せていた患者と会話をしていただけで自分にも移りましたのでまさしく接触感染だけでなく飛沫感染対策も重要だと考えられます。感染経路
インラッシュコートシリーズには通常の室内用以外にも耐摩耗性を強化した床用もご用意しております。効果的な感染予防には背の高さより低い部分の壁はもちろん床面の対策が欠かせませんのでぜひお試しいただきたいコーティング剤ですね。ちゃんと施工後の完了検査ができ、また室内用でありながら親水性で手垢、足垢の付着予防も可能な「マトモに機能を発揮する」光触媒コーティング剤です。
ところで、昨日(6/13)ご連絡を受けて大病院での施工が無事完了したとのことです。当然ながらMRSA対策も大いに期待できますので、医療施設への普及に弾みがついてくれることを願っております。
徳洲会1

PageTop