打ち放しコンクリートと光触媒塗料に関するブログです | 株式会社ケミカル・テクノロジーは打ち放しコンクリートと光触媒塗料をご提供致します。

株式会社ケミカル・テクノロジー
機能が実感できるフッ素樹脂&光触媒技術
ブログ
2018年01月28日 [光触媒]
シリコーンは古くからある樹脂なのにその特異な性質は興味尽きることがないですねぇ。そもそも「シリコン」というとカチカチの硬い結晶を連想するのに「シリコーン」といえば柔軟性の代名詞ですから。シリコーン
この差はどこから来るのかの詳しいご説明は眠くならない程度に追々させていただきますが、弾力性の要因をかんたんに言いますと「エチレンは手が2本真横に伸びているだけのモノマーしかないが、シリコーンは2本の手が真横と直角に伸びているのと2種類ある」のが決定的な差になります。真横と直角のモノマーがデタラメに縮合しますから生成したポリマーも極端に縮れています。
ポリエチレンは真横に行儀よく並んだ優等生で、見てくれはパスタのようです。
パスタ
それに対して縮れて絡まったシリコーン樹脂は、いわばチキンラーメンです。
チキンラーメン
理論を図解すればこのように・・・
シリコーンの重合
この「縮れ」が引っ張り応力に対する伸びシロの要因となり天然ゴムに似たゴム弾性を生じます。 天然ゴムの主成分であるポリイソプレンもたいそう絡まって縮れた分子構造をしています。だから、シリコーン樹脂のゴム弾性はシリコーンそのものの性質というよりそのポリマー構造に秘密があるのですね。
ビヨーンと伸びきったら元に戻らないポリエチレン(スーパーのレジ袋)に対して、シリコーンは復元力、ゴム弾性がありますから防水・止水性にも非常に優れています。形状記憶ポリマーともいうべきか(豊胸手術のシリコーンバスト)
折に触れてシリコーンの興味深い応用のご経験も披露したいと思っています。

2018年01月21日 [光触媒]
墓石業者の方から「墓石の苔とカビの予防で試してみたい」というご要望を受けました。石灰岩や砂岩、大理石等々では試してきたので自信はありますが、他人様のお墓をまさか初っ端の実験に使うわけにもいかず、本日は先祖に許可を貰って自分の家の墓に施工してきました。自然石は呼吸をするのでそれを阻害してはならず、かといって水分の浸潤はある程度止めなければならないのでバランスが重要です。これはコンクリートへの施工に共通しますね。墓4墓1
新たに導入した英国製の蓄圧ハンドスプレーを採用しましたが、エアスプレーのような細かいミストがかんたんに生成できて仕上がりも上々です。
当社品は基本的にはローラー施工をお勧めいしておりますが、このように超お手軽なスプレーの手法もご提供できますのでご興味の折にはお問い合わせください。
墓5

2018年01月20日 [光触媒]
下で説明の通り金属アルミの表面には錆の進行を防ぐ酸化アルミ層ができるのですが、これをもっと分厚く強制的に形成させるのが陽極酸化処理、いわゆるアルマイト処理です。・・・面白いのは電解液に硫酸とかシュウ酸が使われていることです。塩酸を使うとエッチング(削れる)だけでアルマイト層はできません。塩害で不働態が破壊される卑近な例ですが、この詳説はまた別の機会に・・・
アルマイト槽
当然ながらアルマイト層は電気を通しませんが、加えて「電解コンデンサになるほど誘電率が非常に高い」です。つまり外装建材としては静電気を集めやすいので埃がつきやすいと言えます。金属なのに不思議ですね。
アルマイト処理直後のアルミは表面にAl-OH水酸化アルミが多いので有機ポリマーの接着性がよく、プライマーなしでもフッ素樹脂でさえよく密着します。クリヤーを塗布するのならこのタイミングということでアルミ加工メーカーはすべてこの性質を利用しています。エポキシプライマーを塗るとクリヤーにできませんからね。・・・改修でも利用できないか思案中ですが。
アルミ手すり
アルミ手すりのおよその抵抗値を測るとその劣化状態もわかることになりますが、この手すりには光触媒を塗布していますのでちょっと低めになっています。

2018年01月15日 [光触媒]
アルミニウムは最も導電性のいい金属のひとつで、たとえば高圧送電線はアルミです。ただ、バルブメタルという呼称そのままに、ちょっと外気に晒すと表面に絶縁性の酸化アルミが生じます。これは透明なので目に見えませんが、ビニールテープのような絶縁体を金属アルミの表面に形成します。・・缶ビールの蓋で実験してみましょう!!どうです、電気通さないですねぇ!!!?
アルミ缶
これはアルミホイルでも同じ実験ができますから試してみてください。
金属アルミニウムは酸化されやすいのですぐに表面に化学的に安定な、しかも透明の酸化アルミニウムAl2O3が生成されますが、さらに高温湿潤雰囲気に晒すと水酸化アルミニウムが薄っすらと生成します。
これは化学式ではAl−OHで、アルミにアルコールがくっついているような構造をしていますがシリコンSiの場合と同じく、けっこう反応性が高くて縮合する傾向があります。また、自身は「凄い親水性」を示すことでも有名です。これを人類のために応用できないか・・・・は次回

アルミ断面

2018年01月08日 [光触媒]
光触媒の超親水性で随分と「親水性」という用語が有名になりましたが、実はずっと前から日々親水性の厄介になっている分野があります。知ってる人は知っていますが・・・・平版印刷といっても判らないでしょうが「グラビア印刷」とか「新聞印刷」とか巷では言っている分野です。・・技術的には「グラビア」にエッチな意味はまるでありません。
平版印刷
ちょっとかんたんに平版印刷の解説を試みました。つまり、親水性の部分にインキが乗らないで、親油性の部分にインキが乗るという単純な原理を応用したものです。詳細は専門ページを参照してください。
この原版の親水性と親油性のシャープなコントラストが、色々な印刷物を生む基本原理なんですね。
印刷物我々の身の周りの印刷物はすべてその結果です。決してグーテンベルクではありません。この超親水性はどう作っているのかはこの後にご説明しますが残念ながら光触媒ではありません。この分野にこそ光触媒を使うべきなのですが・・・逆にいうとこの分野への光触媒の可能性を感じます。

2018年01月02日 [光触媒]
鳥居
お正月なのでおめでたいテーマでひとつ・・・
神社仏閣の丹塗り柱の塗料は、大昔は光明丹(酸化鉛)や辰砂(硫化水銀)から作られていたのですが、希少性と毒性の強さから次第に使われなくなり、最近は酸化鉄系(つまりベンガラ)を組み合わせて似たような色を調合しています。しかし、異種の顔料を組み合わせて色合わせすると、下にもご説明したようにどちらかが先に褪色して色が変わってしまいます。
鮮やかな色を長持ちさせるためには顔料は1種類だけでつかう、色合わせをしない」ということにつきます。つまり原色だけを使うのですね。とくに有機顔料の原色だけを使うと酸化チタン由来の光触媒反応も起こりませんので意外に長持ちします。
日産自動車の赤い看板はこの方法で「鮮やかな真紅でありながら超耐候性を示している」のだそうです。このアイデアは大日本塗料の寺尾元技術本部長から教えて頂きました。

PageTop