打ち放しコンクリートと光触媒塗料に関するブログです | 株式会社ケミカル・テクノロジーは打ち放しコンクリートと光触媒塗料をご提供致します。

株式会社ケミカル・テクノロジー
機能が実感できるフッ素樹脂&光触媒技術
ブログ
2018年07月31日 [光触媒]
2液型塗料の硬化剤にはだいたいウレタン(イソシアネートとも言う)が使われていますが、もちろん色々な種類があります。今回は固くなるもの(一般的なトップコート)と柔らかいもの(防水材に採用される)の違いについてちょっと・・・一般的なトップコートの硬化剤は、小さめの缶で主剤の1/5〜1/10くらいのボリュームですね。ふつうのウレタンそれに対して防水材の硬化剤は主剤の半分くらいの大きさで、「けっこう多いな」というイメージがあります。場合によってはどっちが主剤でどっちが硬化剤か判らなくなることも。防水ウレタン実はこれ、ふつうのトップコートに使われる「3官能ウレタン」と、より柔軟性に富んだ「2官能ウレタン」の違いによるものです。
ウレタンのイソシアネート基NCOは、主剤の樹脂の水酸基OHとよく反応してウレタン結合を作ります。これをどんどん繰り返すことで硬化していくのですね。
ウレタン結合
ただ、1分子に手が3本ある3官能ウレタンは、結合しすぎて動きが取れにくくなり硬くなります。・・・3股掛けてる男が動けない状況と似ているような、とか。
そこで2官能つまり手が2本しかないウレタンが、とくに柔軟性を要求される防水材に採用されるのですが、いかんせん手の数が少ないので有効な手を揃えようとすると多めに投入しねければなりません。それが「硬化剤の比率が高くなる」原因の一つです。
難しくなりそうなので読者が減る前に今日はここで小休止。

2018年07月21日 [光触媒]
市販フッ素塗料のうち、ニッペのファイン4Fセラミックはルミフロンをフッ素樹脂成分として採用している多くの製品と異なりダイキン製ゼッフルを採用しています。これは3フッ化塩化エチレンをフッ素系モノマーにしているルミフロンと違い4フッ化エチレンを導入していますのでフッ素含有量が多く、そのため成膜後の撥水性が、より高いのが特長です。分子構造・・・ただ両者ともフッ素樹脂とはいえ現実には「アルキルビニルエーテル」という汎用モノマーが50%以上を占める共重合体なのでクリヤー塗膜としては強靱ですが光触媒反応には耐えません。
当社のNFE2(撥水下地用)は撥水下地に塗布してもはじかないように水を成分から排除してエタノールにしておりましたが、そのエタノールでさえもこの塗料の成膜後の高い撥水性表面でははじくことが株式会社クリエイティブライフ他のお客様から指摘されてきました。
改良検討を行ってきましたが、溶剤をエタノールから更に80%程度酢酸メチルに置き換えることではじかなくなり、ローラー塗装適性も改善されることが明らかになりました。
酢酸メチルは多少特異な臭いを発しますがマニキュアの除光液や食品の香料として採用されている実績もあり
人体への有害性はそれほど高くはなくかつ揮発が早いので施工後に臭気が残留することもありません。
一般的な塗料のようにはじき現象の解決に界面活性剤を使いますと残留分が光触媒反応で劣化して耐候性を劇的に低下させますので、当社ではあくまで蒸発してなくなってしまう成分、つまり溶剤の改良で解決を目指します。
これを新たにNFE2(フッ素用)として当面は限られたお客様にご紹介していきたいと考えております。価格は従来のNFE2(撥水下地用)と同じ予定です。
ファイン4Fセラミック
クリエイティブライフ社から供与頂いたファイン4Fセラミック見本板の画像の右半分に短毛ローラーで塗布乾燥した例です。1回塗布できれいな親水性が得られています。
外装用としては
NFE2(屋外用)   :5分艶以下の水性塗膜、しっくい、コンクリート等の吸湿性の外装面
NFE2(撥水下地用):光沢塗膜面、溶剤系塗膜等の撥水性が高い外装面
NFE2(フッ素)    :とくに撥水性が高いフッ素樹脂塗装面
でお奨めしてゆくつもりです。適性をご確認頂ために各30cc入りの検査キットもご用意します。

2018年07月16日 [光触媒]
塗料関連の計測技術や理論は純粋な科学というより感覚的なものが多いのですが、これもその典型ですね、「隠ぺい力」隠ぺいというと何か悪いことを指しているような気がしますが、これは単に「塗膜が肉眼でどれくらい下地を隠せるか」という(一応は)数字としての指標です。
隠ぺい率1
隠ぺい率試験紙はシールになっているのも売っていて、これを測りたい面に貼り付けます。そしてその上から塗料を塗って乾かすと・・・・スケスケなんでまだシールの存在がクッキリわかりますね。隠ぺい率2
黒い部分と白い部分のL値(色差計の白色度)を測って、その比率が隠ぺい率です。差がないと「隠ぺい率100%」となりますが、そのときにはシールがどこに貼ってあるか判らないから測れないような気もしますが・・・現実に隠ぺい率100%の塗料は存在しませんのでご心配なきよう。 このベージュ色の塗料の場合は隠ぺい率20%程度です。同じ顔料濃度でも淡色より濃色のほうがいい数値になりますが、それは「化学よりも感覚の世界」ということでご容赦ください。
隠ぺい率が低いほど塗料の耐候性がよくなるということは去年お話ししましたが、それは塗膜中の光触媒反応を抑えるという意味でそうなることが理論的にも現実も正しいのですが、もう一つ面白い現象としては「こんなスケスケに見えるときでもUV光はほとんど遮蔽している」ことでしょうか。日焼け止めに含まれる含量はほぼ酸化チタンですが、ゴールデンボンバーの樽美酒のような顔になるまで塗らなくても効果は十分にあることからそれが判ります。この現象を更に応用して面白い使い方を考えて特許も出願しましたが具体的なご提案はまた追々と・・・・
ひとつ「直ぐにできる応用例」としまして・・・鉄鋼等の防食塗装で上塗りを厚塗りしなければならない仕様で、さび止めエポキシを黒や濃色にすることがよく行われています。厚塗りにしないと透けますからね。しかし黒よりも何よりも「ゼブラ模様にするのがもっとも厚塗りを要する」という事実は案外知られていないですね。シマウマ
施工する立場の方々からは恨まれそうな情報ですが・・・

PageTop