打ち放しコンクリートと光触媒塗料に関するブログです | 株式会社ケミカル・テクノロジーは打ち放しコンクリートと光触媒塗料をご提供致します。

株式会社ケミカル・テクノロジー
機能が実感できるフッ素樹脂&光触媒技術
ブログ
2017年08月31日 [光触媒]

光触媒の応用技術ー成功と失敗ー2

ケイ素は反応の手が本来4本ありますから、そのまま放置すると4方向にどんどん手を結んで(重合する)高分子化して岩石のような無機高分子になるのですが、4本のうち2本の手を殺して、糸のような2次元の高分子を作ることに成功した天才化学者キッピングのお蔭で、柔軟性に富んで常温で重合するシリコーン樹脂が誕生しました。これは現在のシリコーンシーラントの起源にもなる非常に耐候性と耐食性、化学的安定性に富んだ樹脂なので、我々のような光触媒応用化学者がまず「光触媒に侵されない安定さを保つ光触媒用樹脂」として目を付けるべき最初の材料でした。・・・が、不幸にして最大の致命的な欠陥を持っていたのです。「ケイ素と炭素の直接結合」この自然界には存在しない人工の結合のせいで強烈な「撥水性」をこの樹脂は持つようになったのです。
光触媒は光と共に水がなければ反応しませんので、こんな超撥水性の樹脂と光触媒を組み合わせても光触媒反応がちっとも起こらないとこがやがて判明することになりました。
シリケート2
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop