打ち放しコンクリートと光触媒塗料に関するブログです | 株式会社ケミカル・テクノロジーは打ち放しコンクリートと光触媒塗料をご提供致します。

株式会社ケミカル・テクノロジー
機能が実感できるフッ素樹脂&光触媒技術
ブログ
2019年11月19日 [光触媒]
「生地の鋼材をそのままに光触媒処理を!」という依頼を受けたのですが実用上は鋼材の錆を光触媒で防ぐのは不可能なので防錆クリヤーの開発を行いました。・・・毎度、逆説的な表現で恐縮ですが塗料で鋼材の錆を長期間防ぐことは不可能です。網目
腐食は水が関与する電気化学反応ですから水がなければ進行せず、水があれば進みます。塗料に使われるような有機ポリマーは網目がユルくて水の分子が楽々と透過できます。逆にガラスは網目が緻密で透過することは理論的にも現実にも不可能です。
痩せたPETホーロー鍋
飲み残しのペットボトルがいつの間にか痩せているのは、水蒸気が厚いはずのペットの皮膜を通り抜けている証拠ですが、逆に(ガラス質の)ホーロー製品は錆止めプライマーや亜鉛メッキもないのに傷がつかない限り100年以上錆びることがありません。身近な現象の例ですね。
では、有機ポリマーで錆を長期間防ぐには・・・「ガラスに近い緻密な構造を作る」ということになります。この理論で取り急ぎ試作して鋼材片に塗布して飽和塩水に1か月浸漬していました、期待通りの防食性能が出ているようです。
塩水浸漬
大手鋼材加工メーカーが耐食試験をしていくれることになりましたので試験片も作製して提出しました。
耐食試験
クリヤー塗装で鋼材の腐食を半永久的に止めるなどという性能はこれが有機塗膜では史上初ではないでしょうか。もう、市販の用意はできておりますのでご希望の折にはご連絡ください、販売代理店のご紹介させていただきます。

2019年10月19日 [光触媒]
光触媒の消臭とか殺菌機能は、すぐに実感できないのが残念でまた詐欺の温床にもなってきました。
消臭効果を瞬間に出すためには微細な水滴の力を借りねばなりません。有害ガスや臭気物質は水溶性なので水の霧吹きだけである程度トラップできます。
また、みなさんお忘れでしょうが光触媒は水の分解反応なんで絶対に水分は必要です。理論そこで、最も合理的な製品として光触媒と水の混合物を考えました。
即効性を出すためには水の存在は絶対に必要です。(化学式参照)
基本的な成分が水と光触媒だけで一緒に散布させるタイプの光触媒液剤です。事前工程で活性酸素をふんだんにも含んでいますので即効性の消臭・殺菌効果が得られます。
スマホ動画も作りましたのでどうぞ!
散布型消臭・殺菌それに防カビ&防ウイルスは「すぐに効く」と「永続して効く」が共存しないと殺菌機能光触媒とは言えないと確信していますが、それにぴったりの薬液だと思います。お試しください。

2019年10月08日 [光触媒]
酸化チタンは真っ白! それを分散する樹脂は透明なので光触媒コーティング剤は本来「透明に近い乳白色」のはずなのですが、液状態で活性酸素を貯める反応を進めるとけっこう黄色くなることがわかってきました。活性酸素の溜まり具合を測る指標に使えるのではないでしょうか?
黄色液
活性酸素の蓄積とその黄変を観察する酔狂な、というか超実用・現実的な研究をする学者が殆どいない現状ですが、三重県工業研究所で近い研究をしてくれていました。三重県
正確な再現ではありませんが「アモルファス酸化チタンと過酸化水素が反応すれば黄色のペルオキソチタン水和物ができる」ということを発表しておられます。つまり「活性の高い光触媒溶液=黄色」なんですね!!室内用光触媒の応用に生かすべき性質だと確信しています。

2019年09月21日 [光触媒]
コンクリート構造物の防食に光触媒を応用した世界で初めての論文です。
CathodicProtection
JIS佐用
本来の目的は我が国の老朽化しつつあるコンクリート製インフラの長寿命化ですので、建築分野だけでなく土木分野への普及を目指すべくNETIS登録に邁進中です。

2019年09月08日 [光触媒]
着色塗膜の劣化は光触媒反応であることを何度も繰り返しご説明してきましたが、「それじゃ、酸化チタンの活性酸素で分解されにくい無機顔料が問題ないのでは!?」と思われる向きも多いと思います。でもこの世界は魑魅魍魎。
サラリーマン時代に提携先の米国DeSort社から緊急Telex(時代を感じます)が入り「20年保証を謳うフッ素樹脂塗料の調色にベンガラを使ってはいけない!」という内容でした。
ベンガラ
顔料や塗膜の劣化は光触媒反応が原因なので、分解されやすい有機顔料ならともかく、酸化の最終形態であるベンガラFe2O3でなんで??という疑問もあったのですが・・・・こんな反応が、
ベンガラ反応
つまり、劣化ではなく「赤」から「黄」への変色だったのですね、シロウト眼から見るとどうしても褪色に見えてしまいます。
20年以上の耐候性を保証するからには、従って顔料選定が樹脂と同じ程度に重要になってきます。・・・それでは、ベンガラの代わりに赤い顔料として選択されるべきは、いわゆる「複合酸化物顔料」です。Cu、Ni、Co、Cr等々の発色の鮮やかな遷移金属酸化物を色調に合わせて混合して発色させています。酸化チタンと組み合わせて淡彩で30年以上褪色を起こさない実績があります。・・・国産もありますが私は米国産しか実績として知りませんのでご参考までにメーカーのホームページをご紹介します。

2019年08月21日 [光触媒]
光触媒の施工物件が増えている中で「ホントに光触媒を塗ってくれているのか??」という一般ユーザーの疑問に答えることのできる検査方法が今までなかったのが不思議です、この業界の開発者は何をしていたのでしょう??・・・とは自分にも返ってくる辛辣な批判です。
メチレンブルー分解活性を含めて今まで「発生するラジカルをいかに検出するか」で努力してきたのですが、ちょっと冷静に離れて見ましょうか。
アンモニア酸化
距離を置いて見てみると、アンモニアを含んだ水溶液では「アンモニアは光触媒で酸化されて硝酸になる、つまりアルカリ性が急速に酸性になる」という現象に気がつきます。これを最大限利用してアルカリ雰囲気でしか赤くならないフェノールフタレインの脱色で光触媒反応をかんたんに検知することができます。業界で広く認知されているメチレンブルー分解活性は検知に数時間かかりますが、これは数秒でできますし、なにより便利なのは「既に施工した実際の壁面が光触媒かどうか?」を見極めることができることですね。光触媒検知液この左側だけに光触媒が塗布されていますが、わずか10秒の検査ではっきりしましたね。ご依頼はいつでも受けますのでご連絡下さい。

2019年08月17日 [光触媒]
お盆でも太陽と雨は休んでくれませんので汚染と劣化は進みます、自然は勤勉ですね。興味深い実績が2つ得られましたのでご紹介します。
巣鴨信金戸田支店です、白亜の斬新なデザインでまったく汚れていないので竣工直後と思いきや・・・もう8ヶ月が経過しています。フッ素鋼板に光触媒を焼付け塗装しましたが、光触媒でこの技術を持っているのは今でも当社だけです。巣鴨信金1巣鴨信金2
それと、赤道直下のブルネイでのモスクのドーム屋根!2年弱経過後の姿はすでにホームページでも紹介しておりましたが3年強経過して周囲とのコントラストが一層くっきりしてきました。ブルネイ人も日本の光触媒技術にびっくりです。
アシャリーンモスク
ドーム屋根の黒い部分はすべて黒カビなんですね!恐るべし・・・動画でも解説しておりますのでご参照下さい。

2019年07月13日 [光触媒]
効率アップの実証として6月に滋賀県のメガソーラーに当社光触媒コーティング剤を採用いただきました。ポールガンでかなり能率的に塗布できます。ソーラーパネル1
7月に早々と第1回目の測定データが寄せられてきました。予想に反して既にけっこう効率アップに貢献しています。まだ考察段階ですが、セルフクリーニングはまだ発現前なのでおそらく酸化チタンの赤外線反射によるパネルの温度低下(ソーラーパネルは温度が下がるほど発電効率が上がります)が寄与したものと考えられます。発電データ
プリズムで光を分ける実験でも周知のとおり、赤外線はもっとも屈折しにくい光線であり、ガラス等はほとんど反射や屈折を受けず難なくすり抜けてきます。
プリズム
酸化チタンは地上にあるもっとも屈折率の高い鉱物であり、ガラスの上に層を作ることで、赤外線を部分的にでも反射や屈折させてソーラーパネル本体に届くのを阻止し温度上昇を抑えているのではないかと現在は考えています。
施工費も既存の光触媒でイメージされているよりはるかに安価で済みますので試してみたいと思われる方はぜひご連絡ください。ソーラーパネルへの塗布に関する窓口は株式会社笹百合建築デザイン社にお願いしていますのでこちらにご連絡ください。(072-896-5180)

2019年07月04日 [光触媒]
着色塗料の塗膜劣化は、主として含まれている白色顔料(酸化チタン)の光触媒反応によって進行します。だから劣化を防ぐためには光触媒反応の進行する380nm〜400nmの近紫外線を遮蔽しなければなりません。劣化は具体的には防火扉の色あせやチョーキングですね。
防火扉それに対して最近の玄関扉はインクジェット印刷で仕上げられていることが多いです、サイディングもそういえばそうですね。
玄関扉塗装と根本的に異なり印刷には「白インク」が存在せず、従って仕上げ面で光触媒反応が進むことはなく、劣化は純粋な光分解で進行します。結合エネルギー云々で説明できるのはこちらの反応だけで、ごっちゃになった説明を稀に見ますが光触媒反応とはまったく関係ありません、念のため。
スペクトルUV吸収剤を含有したクリヤーでUV光を遮蔽したつもりでも光触媒反応を殆ど抑えていないという事実は専門家でも気がついているヒトが少ないのが悲しい現実です。380nm付近のUV光をバッチリとカットしようとすればどうしても400nm付近の可視光もちょっとカットする(つまり着色する)ことが理論上避けられません。・・・現在「1度塗るだけで20年以上寿命が延びる塗膜完全ガードクリヤー」を開発中ですがその基本コンセプトです。

2019年06月21日 [光触媒]
僭越ながら光触媒工業会の防藻部会の委員を仰せつかっているものですので今日も末席を汚してきました。白熱の議論・・・私も含めた皆さんはもう、セルフクリーニングもとい「汚れない」というだけの光触媒の性能PRに限界を感じている証拠でしょうね、汚れて死ぬ人はいませんから。
防藻委員会
ただ正直に言って、光触媒薄膜の微弱な活性酸素発生反応でセルフクリーニング性能以外を謳うのには相当の工夫が必要です。
今日の最終章でも銅・銀の補助機能に注目する議論に流れて、以前からこれに注目してきた私は一層意を強くしました。
日本語の論文を出さなかったので日本では注目されていませんが、実は2年以上前に銅・銀を光触媒とシナジーさせて現実にすごい藻の繁茂部位で「まったく藻が生えなくなった」という実験結果を報告しています。ブルネイの天然ガス精製施設ですが・・・
藻論文
「光触媒&銅・銀粉&もうひとつの重要ファクター」で実現するのですがUBD(ブルネイ大学)に無断で公開すると怒られるのでご興味のかたはご連絡ください。湿潤雰囲気でありながら藻がまったく生えなくなる、しかも人体植生には完全無害な条件を個別にお教えします。・・・部会で紹介されていた有機系防藻剤は人類が次の子孫を残せなくなるほど有害ですので要注意。

PageTop