打ち放しコンクリートと光触媒塗料に関するブログです | 株式会社ケミカル・テクノロジーは打ち放しコンクリートと光触媒塗料をご提供致します。

株式会社ケミカル・テクノロジー
機能が実感できるフッ素樹脂&光触媒技術
ブログ
2020年01月23日 [光触媒]
珪藻という藻類は珍しくガラス質の殻をカブっていますのでその死後に中身が抜けて殻だけが残るとものすごく多孔質で表面積の大きな堆積物になります。また同じく多孔質の活性炭と異なるのは「親水性の多孔質」だということです。この親水性の多孔質が高い吸水・調湿機能の原因ということになります。珪藻土・・・なんかトライポフォビアなら気絶しそうな顕微鏡画像ですねぇ。ところで工業的に珪藻土が大量に使われだしたきっかけはアルフレッド・ノーベルが発明した(1871)ダイナマイトです。ニトログリセリンを珪藻土に染み込ませて衝撃爆発性の克服に成功しました。珪藻土は英語で「ダイアトマイト」といいますが「ダイナマイト」の名前はそこから来ています。ダイナマイト最近、この珪藻土の成型品メーカーに頼まれて新製品をいろいろ考えています。珪藻土は要するに微細な2酸化ケイ素の塊なので吸水・調湿以外の化学的な機能は原理上ないのですがこの世界にも誇大広告が多く、「殺菌」や「インフルエンザ防止」とかを謳う製品もどきが氾濫しているのは嘆かわしいことですが、光触媒はそれの補完材として併用する意義が大きいと思います。実際の珪藻土製品は「カビが生える」ということで悩んでおられることが多いので。
第1号は加湿器兼空気清浄機です。・・・といっても光触媒を塗布した珪藻土板を室内に立てておくだけですが。水を張ったトレーを敷いておきますと水の補給が継続するので適度な加湿になり、またそのミストは光触媒反応で発生した活性酸素を含んでいますのでホントのインフル予防になります。当社光触媒は金属銅・銀粉を含んで殺菌防カビ機能が高いのでずーっと湿気た状態でも表面にカビは生えません。
珪藻土エアクリーナー
最近はやりの珪藻土バスマットにも適用しています。強力な殺菌機能は水虫菌も短時間で殺しますので、バスマットにはまさに防カビ以上に求められている機能ではないでしょうか。これはYouTube動画で塗工実演もお見せしています。
これ以外にも知恵を絞った試作品・新製品がありますので3/3−3/6の建築建材でご紹介したいと考えております。

2020年01月03日 [光触媒]
炭酸ガスの発生源として石炭火力ばかり悪者になっていますが、実は見落とされているもっと凄い発生源がありまたそれらは未だ削減のメドが立っていません。「鉄筋コンクリート」で使う鉄とセメントです。かんたんに反応を解説しましょう・・・・
鉄コンクリート
鉄の製造で欠かせない鉄鉱石の還元剤は石炭(コークス)以外にありえず、加熱で使う石炭も含めて膨大な量を消費しています。また、セメントは石灰石を加熱してわざわざ貯蔵されていた炭酸分を外していますので炭酸ガスの発生は理論的に不可避なのですね。製造工程を見直して鉄筋コンクリート打設時の炭酸ガス発生を抑えるのは、従ってあまり効率的な方法とは言えません。
・・・・ちょっと我田引水感が否めませんが「今ある鉄筋コンクリート構造物の超長寿命化を図る」ほうがずっと効率的な対策ではないでしょうか。剥き出し状態に近い化粧打ち放しコンクリート仕上げでも入念な手入れをすれば新築のような状態を超長期間継続できます。
例えばこれは有名な世界遺産のオペラハウスですが、タイル張り仕上げは外殻だけで
オペラハウス
その内部はすべて打ち放しのままです。
オペラハウス軒下
海岸沿いの立地ですが頻繁で入念な撥水剤の再塗装で劣化を防いでいます。竣工後45年が経っていますが4〜5年前にできたような美しさです。それよりずっと新しい赤坂プリンスホテルが取り壊されて跡形もないのと好対照ですね。
では、劣化が過度に進んでしまえば打つ手はないのでしょうか??
軍艦島
これは軍艦島30号棟で日本最古の鉄筋コンクリート建築の一つです。もう103年経っていますが(撮影時は101年)外観がボロボロではあるものの構造体としてはまだまだ健全さを感じました。かなり進行してしまった塩害と中性化を有効に防ぐことができれば200年以上でも維持可能ではないでしょうか。このような末期とも思える外観のRC建築物でも蘇生させる光触媒応用技術を磨いていますので今年も定期的にご紹介していこうと考えております。時折ホームページをご参照ください。尚、これは(株)ケミカル工事との共同研究です。

2019年12月17日 [光触媒]
焼付け塗料に造詣の深い佐伯治一郎商店様のご厚意で焼付け塗料への当社光触媒コーティングの適用試験を、DN社製品を中心に大々的に実施して頂きました。焼付け加工と聞くと皆さん凄くハードルが高そうなイメージを抱くのですが実際はそんなことはなく、単にPMT(到達表面温度)150℃以上が瞬間でも実現すればいいだけなのでトップコート焼付け工程の余熱でも塗工&乾燥可能で、特別な焼付け工程は不要です。工程ちなみに、化学反応は温度と時間が重要なファクターの筈なのですが、なぜか塗料の硬化反応は時間はどうでもよく、とにかく到達温度だけが重要です。正直いまだに理屈が判っていませんが真実です。
佐伯様に製作して頂いた試験板は夥しい種類でほぼDNT社の市販焼付け塗料を網羅されていましたが裏面そのすべてで「余熱焼付け」後に良好な光触媒の親水性が見られました、こんな光触媒コーティング剤は他にないです。
表面もう現実の物件もご紹介していますが、この業界は繰り返し実証しなければ納得して頂けないのでくどいご報告でした!もちろんこれらのパネルは赤道直下のブルネイで実爆試験に供します・・・赤道直下で実証している唯一の光触媒です。CD改良品のご紹介

2019年11月19日 [光触媒]
「生地の鋼材をそのままに光触媒処理を!」という依頼を受けたのですが実用上は鋼材の錆を光触媒で防ぐのは不可能なので防錆クリヤーの開発を行いました。・・・毎度、逆説的な表現で恐縮ですが塗料で鋼材の錆を長期間防ぐことは不可能です。網目
腐食は水が関与する電気化学反応ですから水がなければ進行せず、水があれば進みます。塗料に使われるような有機ポリマーは網目がユルくて水の分子が楽々と透過できます。逆にガラスは網目が緻密で透過することは理論的にも現実にも不可能です。
痩せたPETホーロー鍋
飲み残しのペットボトルがいつの間にか痩せているのは、水蒸気が厚いはずのペットの皮膜を通り抜けている証拠ですが、逆に(ガラス質の)ホーロー製品は錆止めプライマーや亜鉛メッキもないのに傷がつかない限り100年以上錆びることがありません。身近な現象の例ですね。
では、有機ポリマーで錆を長期間防ぐには・・・「ガラスに近い緻密な構造を作る」ということになります。この理論で取り急ぎ試作して鋼材片に塗布して飽和塩水に1か月浸漬していました、期待通りの防食性能が出ているようです。
塩水浸漬
大手鋼材加工メーカーが耐食試験をしていくれることになりましたので試験片も作製して提出しました。
耐食試験
クリヤー塗装で鋼材の腐食を半永久的に止めるなどという性能はこれが有機塗膜では史上初ではないでしょうか。もう、市販の用意はできておりますのでご希望の折にはご連絡ください、販売代理店のご紹介させていただきます。

2019年10月19日 [光触媒]
光触媒の消臭とか殺菌機能は、すぐに実感できないのが残念でまた詐欺の温床にもなってきました。
消臭効果を瞬間に出すためには微細な水滴の力を借りねばなりません。有害ガスや臭気物質は水溶性なので水の霧吹きだけである程度トラップできます。
また、みなさんお忘れでしょうが光触媒は水の分解反応なんで絶対に水分は必要です。理論そこで、最も合理的な製品として光触媒と水の混合物を考えました。
即効性を出すためには水の存在は絶対に必要です。(化学式参照)
基本的な成分が水と光触媒だけで一緒に散布させるタイプの光触媒液剤です。事前工程で活性酸素をふんだんにも含んでいますので即効性の消臭・殺菌効果が得られます。
スマホ動画も作りましたのでどうぞ!
散布型消臭・殺菌それに防カビ&防ウイルスは「すぐに効く」と「永続して効く」が共存しないと殺菌機能光触媒とは言えないと確信していますが、それにぴったりの薬液だと思います。お試しください。

2019年10月08日 [光触媒]
酸化チタンは真っ白! それを分散する樹脂は透明なので光触媒コーティング剤は本来「透明に近い乳白色」のはずなのですが、液状態で活性酸素を貯める反応を進めるとけっこう黄色くなることがわかってきました。活性酸素の溜まり具合を測る指標に使えるのではないでしょうか?
黄色液
活性酸素の蓄積とその黄変を観察する酔狂な、というか超実用・現実的な研究をする学者が殆どいない現状ですが、三重県工業研究所で近い研究をしてくれていました。三重県
正確な再現ではありませんが「アモルファス酸化チタンと過酸化水素が反応すれば黄色のペルオキソチタン水和物ができる」ということを発表しておられます。つまり「活性の高い光触媒溶液=黄色」なんですね!!室内用光触媒の応用に生かすべき性質だと確信しています。

2019年09月21日 [光触媒]
コンクリート構造物の防食に光触媒を応用した世界で初めての論文です。
CathodicProtection
JIS佐用
本来の目的は我が国の老朽化しつつあるコンクリート製インフラの長寿命化ですので、建築分野だけでなく土木分野への普及を目指すべくNETIS登録に邁進中です。

2019年09月08日 [光触媒]
着色塗膜の劣化は光触媒反応であることを何度も繰り返しご説明してきましたが、「それじゃ、酸化チタンの活性酸素で分解されにくい無機顔料が問題ないのでは!?」と思われる向きも多いと思います。でもこの世界は魑魅魍魎。
サラリーマン時代に提携先の米国DeSort社から緊急Telex(時代を感じます)が入り「20年保証を謳うフッ素樹脂塗料の調色にベンガラを使ってはいけない!」という内容でした。
ベンガラ
顔料や塗膜の劣化は光触媒反応が原因なので、分解されやすい有機顔料ならともかく、酸化の最終形態であるベンガラFe2O3でなんで??という疑問もあったのですが・・・・こんな反応が、
ベンガラ反応
つまり、劣化ではなく「赤」から「黄」への変色だったのですね、シロウト眼から見るとどうしても褪色に見えてしまいます。
20年以上の耐候性を保証するからには、従って顔料選定が樹脂と同じ程度に重要になってきます。・・・それでは、ベンガラの代わりに赤い顔料として選択されるべきは、いわゆる「複合酸化物顔料」です。Cu、Ni、Co、Cr等々の発色の鮮やかな遷移金属酸化物を色調に合わせて混合して発色させています。酸化チタンと組み合わせて淡彩で30年以上褪色を起こさない実績があります。・・・国産もありますが私は米国産しか実績として知りませんのでご参考までにメーカーのホームページをご紹介します。

2019年08月21日 [光触媒]
光触媒の施工物件が増えている中で「ホントに光触媒を塗ってくれているのか??」という一般ユーザーの疑問に答えることのできる検査方法が今までなかったのが不思議です、この業界の開発者は何をしていたのでしょう??・・・とは自分にも返ってくる辛辣な批判です。
メチレンブルー分解活性を含めて今まで「発生するラジカルをいかに検出するか」で努力してきたのですが、ちょっと冷静に離れて見ましょうか。
アンモニア酸化
距離を置いて見てみると、アンモニアを含んだ水溶液では「アンモニアは光触媒で酸化されて硝酸になる、つまりアルカリ性が急速に酸性になる」という現象に気がつきます。これを最大限利用してアルカリ雰囲気でしか赤くならないフェノールフタレインの脱色で光触媒反応をかんたんに検知することができます。業界で広く認知されているメチレンブルー分解活性は検知に数時間かかりますが、これは数秒でできますし、なにより便利なのは「既に施工した実際の壁面が光触媒かどうか?」を見極めることができることですね。光触媒検知液この左側だけに光触媒が塗布されていますが、わずか10秒の検査ではっきりしましたね。ご依頼はいつでも受けますのでご連絡下さい。

2019年08月17日 [光触媒]
お盆でも太陽と雨は休んでくれませんので汚染と劣化は進みます、自然は勤勉ですね。興味深い実績が2つ得られましたのでご紹介します。
巣鴨信金戸田支店です、白亜の斬新なデザインでまったく汚れていないので竣工直後と思いきや・・・もう8ヶ月が経過しています。フッ素鋼板に光触媒を焼付け塗装しましたが、光触媒でこの技術を持っているのは今でも当社だけです。巣鴨信金1巣鴨信金2
それと、赤道直下のブルネイでのモスクのドーム屋根!2年弱経過後の姿はすでにホームページでも紹介しておりましたが3年強経過して周囲とのコントラストが一層くっきりしてきました。ブルネイ人も日本の光触媒技術にびっくりです。
アシャリーンモスク
ドーム屋根の黒い部分はすべて黒カビなんですね!恐るべし・・・動画でも解説しておりますのでご参照下さい。

PageTop